トップ

履歴書に書く趣味について

就職と趣味の関係

プライベート

履歴書の趣味も役に立つ

履歴書は大概の場合、就職のために使いますので、その目的からすると趣味の欄は余計なことかも知れません。最近は個人情報の関係もあり、就職と関係ないから欄を外すとか、書かなくてもいいとかの論議があります。しかし、実際問題として、就職の役に立つこともあるので、ないがしろにしてはいけません。全く関係ないことのように思えることでも、採用する方からすると将来方向も含めて、その力を利用したいというようなことがあるからです。たとえば、無線ということが注目されたり、映画鑑賞が趣味ということで採用された例などが現実にあります。

履歴書で好きな事をアピール

履歴書の中で独特の自己アピールができる項目と言えば、趣味の部分ですが、ここに読書や映画鑑賞など、ありきたりな物を書くと、まったく触れてもらえなかったり印象に残らずに終わってしまうことがあります。ですから、相手が興味を持って触れてきやすいような書き方をすることが大切で、そうすれば、自然に自己アピールができるものです。例えば、スポーツが趣味だと書くわけです。スポーツであれば、体力を要する仕事に役に立つことがありますから、先方が気になることも考えられます。口頭であれば、細かく色々な体験を話すことができて、良いアピールができるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 履歴書に書く趣味について. All rights reserved.